Count: 1022
Welcome to Hardboiled Cafe
Name
Sex
Site
Mail
Comment
Icon  
Color
Roll A Dice ダイスを振ります(ダイス付きの記事は削除出来ません)。
登録情報を保存する
削除用パスワード:
Cafe日誌No.16
2012年02月25日土曜日 02時42分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人の彼氏が店に入ってきた。近所のガキどもを集めては金を巻き上げている。そういう話だ。名無しは辺りかまわず罵った。
無職 名無し 5 
「挿入できるよ(人・ω・)★ ttp://mbtu.net」
この彼氏からこの話が出てくるとは思わなかった。

Cafe日誌No.15
2007年04月26日木曜日 21時35分
他の客も酔いが回ってきた頃に、割とよく来るひかりが入ってきた。神経に血が通っていないそういう部類の人間だ。額、首筋、わきの下を一通りハンカチで拭くと、唾を飛ばしながらこう言った。
雑誌拾い ひかり
「本ホームページはメンバー専用BBSを除いて閉鎖いたします。」
人間もここまで落ちぶれると大したものである。

Cafe日誌No.14
2007年01月09日火曜日 21時20分
他の客も酔いが回ってきた頃に、割とよく来るひかりが入ってきた。断っておくが、この店はこういう客ばかりじゃない。ひかりはガタイに似合わず甲高い声でこう言った。
雑誌拾い ひかり
「外人のスパム書き込みがうざいので、禁止ワード設定しました。
「ゆ〜あ〜るえる」関係に何個か設定していますのでご了承ください。
まあ、掲示板廃止でもよかったんだが(´ー`)」
私はその場を逃げ出したい気持ちでいっぱいだった。

Cafe日誌No.12
2006年12月04日月曜日 11時26分
まだ日も高いうちに、前に見たことがある色男が入ってきた。インテリを装ってはいるがかなりワルそうだ・・・。美人から教わったというナツメロを歌い出した。歌詞の内容はこうだ。
無職 こにゃみ
「日記なんですけども、SNSのほうにカキカキはじめました。
(RF3鯖ベラ専用のMixiと思えばおk)
登録したい方は申請出しますので、ギルドBBSの私のメール欄に
レスしてくださいな。 (皿b」
だがその目元は全く笑っていなかった・・・。

ここぞとばかりにHULが問い詰める。
無職 HUL 2006年12月05日火曜日 16時29分
「(,,゚Д゚)∩せんせー。ギルドBBSのパス忘れましたw」

こにゃが得意げに参加してきた。この巨漢に理解できる話では無いのだが・・・。
無職 こにゃ 2006年12月05日火曜日 18時11分
「あらまw ゲーム内でレスしますねw」

Cafe日誌No.13
2006年12月05日火曜日 15時19分
遅い昼飯でも食べに来たのか、割とよく来るひかりが入ってきた。食えない・・・その手の人間だ。ひかりは独り言をブツブツ言いながらテーブルについた。
雑誌拾い ひかり
http://rfonline.jp/news/wis/?mode=view&id=470
・・泣きたいだけ泣くがいい。今宵の酒は悲しい酒だ。

今までトイレに篭城していたHULが息を吹き返したようだ。
無職 HUL 2006年12月05日火曜日 16時28分
「いま気づいて書き込みに来てみた(;´Д`)
SecondLifeくらいしか避難場所がねぇ。。。。メガテンオンライン?(;´∀`)」

Cafe日誌No.11
2006年10月12日木曜日 00時59分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人の若者が店に入ってきた。若者の体から漂う高級な香水の香りが店内に異臭を放つ。ナイツ産地偽装は今の仕事の無職を辞めたいというような話をしてきた。
無職 ナイツ産地偽装
「( ゚Д゚)ウヒョー
って事で、いつかGvGデキタラいいなと思ったりもする。

また○/ ̄乙 ヨロシク

あるふぃむウヒョー(謎」
なかなか話し上手な若者だ。

そこへひかりのお出ましだ。話がややこしくなる。
雑誌拾い ひかり 2006年10月12日木曜日 09時36分
「メンバーのログイン時間的に土日くらいしか出来ないのがつらいところ・・・もう少し人数が増えればねぇ。
という事で、ギルメンに連絡しておきますね。」

あるふぃむという雑誌拾いが自分の席を立ってこちらに近づいてきた。
雑誌拾い あるふぃむ 2006年10月12日木曜日 20時28分
「なんか来てる(゜Д゜)!!
GvG人数が揃えばやりたいところだね〜

とりあえず土日と金曜の夜ならおいらはいけるよ!!」

呼ばれてもいないのにHULが話に参加した。
無職 HUL 2006年10月13日金曜日 05時13分
「おいらも金曜夜か土日ならスロ休んで時間あわせるーw」

Cafe日誌No.10
2006年10月03日火曜日 18時20分
どうやらこのテーブルの客は帰ったようだ。代わりに看板娘シンディが後片付けをしている。
看板娘シンディ
「こちらのお客様はもうお帰りになったわ。
あれだけ飲んでチップもくれないんだからケチな客よね。」

通りすがりのあるふぃむが次のようにほのめかした。
雑誌拾い あるふぃむ 2006年10月03日火曜日 19時44分
「↑確認はしてないけど、ウィルスの可能性もあるから踏まないようにね。
ひかりさんこれ消去できねえ?」

こういう話に限って参加してくる若造がいる。・・・・・ひかりだ。
雑誌拾い ひかり 2006年10月04日水曜日 10時06分
「スレ主の書き込みは削除しました。
あるが書いてるように怪しいリンクは見に行かないようにしましょう。」

Cafe日誌No.9
2006年10月01日日曜日 09時45分
まだ日も高いうちに、割とよく来るひかりが入ってきた。ハーレムから引っ越してきてまだ日が浅いらしい。この学生が話すことといえばいつも女の子の事だ。
雑誌拾い ひかり
「土曜日にエランイベント行ったけど2匹まででした。
50C2本出たし、ベラの強化に繋がるね〜
主催の族長に感謝!」
この学生は金の話しかしてこない。

それを聞いたあるふぃむが急にヒステリックに捲し立てた。
雑誌拾い あるふぃむ 2006年10月01日日曜日 12時11分
「んだねー!!
すごいがんばってるよね〜!


ちなみにエランPBだけどシルマイ(プロテクポーション使用)で
ロックジョーから7k+(意外に耐えれる)
タラベンから直撃で10000~11000くらってギリギリ生きてる感じ(汗
3つ目のPB(名前忘れた)は普通に一撃死lol」

Cafe日誌No.8
2006年09月16日土曜日 12時57分
まだ日も高いうちに、割とよく来るあるふぃむが入ってきた。未成年の美貌に店内中の妖婦が息をのむ。あるふぃむはスラム街のど真ん中で聞いたという儲け話を始めた。
雑誌拾い あるふぃむ
「プロテク盾4回剥がれて5回目で燃えた━━━(ノ゜∀゜)ノ ┫:。・:*:・\'.・:*:"━━━!!



_| ̄|○」
未成年のこの言葉がのちのち何人もの人々を苦しめることになろうとは、本人でさえも気づいていなかったのだろう。

恋人と来ていたrukが相手の腰に手を回しながらのろけ話を始める。
無職 ruk 2006年09月17日日曜日 01時01分
「TMで買ったCナイフが2回目で燃えたーー!!
・・ラッキーなのかも??」

あるふぃむはまだ言い足りない。
雑誌拾い あるふぃむ 2006年09月17日日曜日 11時35分
「ラ、ラッキーなのか・・・?w
ラッキーってことにしよう!!

お互い次は成功させるべ(;´Д`)
(るーさんだけ恋人付きキター)」

呼ばれてもいないのにひかりが話に参加した。
雑誌拾い ひかり 2006年09月18日月曜日 01時01分
「俺はどうせレズ好きですよ(´з`)y-〜」

Cafe日誌No.7
2006年09月15日金曜日 21時24分
他の客も酔いが回ってきた頃に、何回かこの店を利用している老人が入ってきた。裏の世界しか見てこなかった、世の中にはそういう人間もいる。あるふぃむは独り言をブツブツ言いながらテーブルについた。
無職 あるふぃむ
「日曜のエランイベント行く人いるー?

スク貯まったからない人言ってちょ!!」
殆ど逆ギレだ・・・・・。

あるふぃむはここで話題を変えた。
無職 あるふぃむ 2006年09月15日金曜日 21時28分
「キレてないっすよ(小力」

その刹那、隣りでコーヒーを飲んでいたひかりが震え出した。必死に手で頭を押さえている。震えはすぐに治まったが、顔を上げた時のひかりの雰囲気がガラリと変わっていた。・・・そこに現れたのはどうやら第5の人格だったようだ。
無職 ひかり 2006年09月15日金曜日 21時59分
「3時頃まで外出なので、聖戦長引いてくれれば行ける。
その時はスク分けてねん。」

あるふぃむは自分にもっと話させろと苛立った。
無職 あるふぃむ 2006年09月16日土曜日 11時58分
「らじゃ!!
がんばって聖戦長引かせよう(ぇ」

[NEXT] [1][2]

Narration BBS Ver 3.13
MISSING LINK